2010年05月26日

麻布中過去問の採点

先日の宿題だった「麻布中過去問」が、採点されて返却されました。



60点満点の問題で、19点ですがく〜(落胆した顔)

見た目にも記入が少なく、
点数いただけるのかしら?という答案でしたから、
意外と良い点と言えなくもありません。

記述はまだまだ磨いていかなくてはいけない事が、これでバッチリ判明。
国語塾は、あと1回で終わりです。
物語文の記述のコツをマスターしてくれると良いのですが。

国語塾の授業について ぴよ作に尋ねると、
「塾で習ったような事をやっているよ。」
という返事でした。
特に目新しい事は無く、たぶん塾でも教えていることの読解の総まとめなのかもしれません。

が、問題文の読み方一つをとっても、
「こんなにシッカリ読まなくてはいけなかったんだ!と本人が思うようになると偏差値60を超える」
と先生の本に書いてあったように、
「あー!こんなにしっかり読んで、丁寧に解かなくちゃいけなかったんだ!」
と本人が気が付くことが、通塾で期待している成果のひとつです。

母が言ってもなかなか伝わらないので、
先生に教わる事で改めてシッカリ身に付けて欲しいと思っています。

なかなか成果がわかりにくい国語ですが、先週末のテストでは時間配分にも成功して、
正答率の高い問題でかなり得点する事ができましたわーい(嬉しい顔)

「先生の教え」を忘れないように復習しつつ、
ヤル気が出るように少々伸びてきたかと思われる部分をホメながら、
国語が伸びてくれる事を期待しています。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 中学受験

受験記は、楽天ブログのひよこマークの中学受験
で更新中です。
posted by ぴょんぴょこぞう at 14:04| Comment(0) | ぴよ作の国語奮戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。